AGAとは

AGAという言葉を聞いたことがありますか?AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略語で、日本語では男性型脱毛症と表記します。

AGAは、男性に特有の脱毛症状、つまり髪の毛が少なくなっていく症状で、いわゆる「若ハゲ」といわれるものです。

発症は30代から50代が多く、中には10代のうちから発症するという方もいらっしゃるほどです。

額の生え際から後退していったり、頭頂部から薄くなっていったり、それらが混合されていたりと、髪の毛が薄くなっていくパターンは人それぞれですが、確実にいえることは、放っておけば進行していって、髪の毛がない状態になるまで続きます。

AGAについて詳しく知りたくなった方は、「http://www.marathonalpacas.com/」を参考にしてください。

現在、AGAは全国で1260万人の方が発症していると計算されており、その数字は、成人男性4,200万人に対して、約3人に1人となっています。

しかしAGAは早めにケアをし治療や対策を取っていけば、薄毛や抜け毛の進行を食い止められる可能性が高いものなので、あれ?と思ったら、すぐに病院に行ってみることをお勧めします。